介護サービスについて

サンポラリスでは、利用者のみなさまが安心して自宅での生活を送れるように 、ご自宅へ訪問して入浴、排せつ、食事等の介護や調理、洗濯、掃除等を行うサービスを提供しています。
また、『介護を受けたいけど、何も知識がなくて・・・。』という方でも、ケアマネージャーによる「居宅介護支援」で、制度利用開始をいちからお手伝い。介護プランのご相談にもわかりやすく丁寧にお応えします。

介護サービスをご利用できる方

※65歳以上の方(第1号被保険者)

  • 入浴、排せつ、食事などの日常生活動作について常に介護が必要な方(要介護者)
  • 心身の状態が改善する可能性が高い方で日常生活の一部に支援が必要な方(要支援者)

※40歳〜64歳までの方 医療保険に加入している方(第2号被保険者)

  • 入浴、排せつ、食事などの日常生活動作について常に介護が必要な方(要介護者)
  • 老化が原因とされる病気により、介護等が必要になった方(要介護者、要支援者)


介護サービスをご利用できる方


要支援・要介護の段階について

※要介護認定の申請によって、段階が決定します。

市区町村または、ケアプランを作成する事業者や特別養護老人ホームなど申請を代行する窓口に、「要介護認定申請書」と被保険者証を添えて要介護認定の申請をします。以下の区分に認定された方は、介護保険のサービスを利用することができます。(要介護認定の段階に応じて、ご利用できるサービスの上限が異なります。)

要支援1 社会的支援を要する状態
  • 身の回りの世話の一部に何らかの支えが必要
要支援2 社会的支援を要する状態
  • 複雑な動作に何らかの支えを必要とすることがある
要介護1 部分的な介護を要する状態
  • 身の回りの世話の一部に何らかの支えが必要
  • 移動の動作に何らかの支えを必要とすることがある
  • 問題行動や理解の低下がみられることがある
要介護2 軽度の介護を要する状態
  • 身の回りの世話、複雑な動作、移動の動作に何らかの支えが必要
  • 排泄や食事に何らかの支えを必要とすることがある
  • 問題行動や理解の低下がみられることがある
要介護3 中等度の介護を要する状態
  • 身の回りの世話、複雑な動作、排泄が自分ひとりでできない
  • 移動の動作が自分でできないことがある
  • 問題行動や理解の低下がみられることがある
要介護4 重度の介護を要する状態
  • 身の回りの世話、複雑な動作、排泄が自分ひとりでできない
  • 移動の動作が自分でできないことがある
  • 多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある
要介護5 最重度の介護を要する状態
  • 身の回りの世話、複雑な動作、移動の動作、排泄や食事がほとんどできない
  • 多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある

サービスのご利用について

※ケアマネージャーがご利用者やご家族と相談しながらケアプランを作成します

自宅での生活を支ええるために必要なサービスの計画を、居宅介護事業所や、地域包括支援センターのケアマネージャーが行います。そのケアプランに基づき、サービスが開始されるのです。

※訪問介護によるサービス

【身体介護】
利用者の身体に直接接触して行う介護サービスで、日常生活動作(ADL)や意欲の向上のために利用者と共に行う自立支援のためのサービスです。
入浴、排せつのお世話、着替え、食事の介助、通院の付き添いなどがあります。

訪問介護サービスによる身体介護

【生活援助】
身体介護以外の介護であって、掃除、洗濯、調理など日常生活上の援助であり、利用者が単身、またはその家族が障害や病気等のために本人若しくは家族が家事を行うことが困難な場合に行われるサービスです。

訪問介護サービスによる生活援助

※ご不明な点はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら