居宅介護支援(ケアマネージメント)

介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等に沿って、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所等との連絡・調整などを行います。

サービスの内容

※「めぐみケアプランセンター」が行います

サンポラリスでは、ケアプランを行う居宅介護支援所として「めぐみケアプランセンター」を運営しています。
ご利用者が生き生きとした日々を送れる ケアプラン 、自宅で安心して生活できるプランをたてることを目指しています。ご利用者の「本当はね・・・ 」という心の声に少しでも近づけるよう、その方の理解者として、代弁者として寄り添っていくことが私たちの努めだと考えています。

※ケアプラン(居宅サービス計画)の作成

ケアマネジャー(介護支援専門員)が、心身の状況や生活環境、本人や家族の希望等に沿って、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。

※サービスの連絡・調整

本人や家族の代わりに、要介護認定の申請手続きや更新認定の申請手続きを行います。
ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所や、施設などとの連絡・調整を行います。
サンポラリスでは、このサービスを提供する事業所として、「めぐみ介護センター」を併設しています。


ご利用料金について

※利用料はございません

介護保険で全額が支払われます。

介護サービス ご利用のながれ

1. 要介護認定の申請代行
介護サービスを受けたい方からのご相談をお受けしています。
申請にあたっては、書類の作成や提出などを申請者に替わって行います。
2. 認定調査・主治医意見書
市区町村等の調査員がご自宅を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。主治医意見書は市区町村が主治医に依頼をします。主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要です。
※申請者の意見書作成料の自己負担はありません。
3. 審査判定
査結果及び主治医意見書の一部の項目はコンピューターに入力され、全国一律の判定方法で要介護度の判定が行なわれます。(一次判定)

一次判定の結果と主治医意見書に基づき、介護認定審査会による要介護度の判定が行なわれます。(二次判定)
4. 認 定
市区町村は、介護認定審査会の判定結果にもとづき要介護認定を行ない、申請者に結果を通知します。
認定は要支援1・2から要介護1~5までの7段階および非該当に分かれています。
5. 介護支援契約
認定が決定したら、 ケアプラン作成 のために、ご契約をいただきます。
6. ケアプラン作成・説明・同意・交付
ご利用者の状況と要望を正しく認識し、要介護度に沿って適切な介護を行うため、「アセスメント担当者 」会議を行います。そこで策定された ケアプラン をご利用者に説明し、同意をいただいてから、正式に交付、サービスが開始となります。

※ご不明な点はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら